忍者ブログ

商品の選び方って?


2014年7月19日の日本経済新聞の朝刊に載っていた記事にガッカリしました・・・。日本人め・・・と。“「社会貢献で商品選ぶ」比、消費者の79%”という見出しの記事です。記事冒頭には、-東南アジアの消費者は価格よりも社会貢献を重視-とあります。そして、“価格が高くても社会や環境に貢献する企業の商品を買う人の割合”というグラフもあるのですが、日本・・・最下位。さらには世界平均よりも低い・・・。1位はフィリピンの79%。日本は33%。企業の社会的責任=GSR。価格よりもCSRを重視する人の割合はベトナムもタイも7割超え。
日本・・・。逆に不買運動もたまにインターネット上で起きますしね^^;。とはいっても、日本でも一応CSR重視の動きは広がっているようです。花王やイオンが生態系に配慮した原料調達を始めているのだそうです。この調査の対象は世界60か国3万人。今年の2~3月末に米調査会社ニールセンが実施した調査の結果です。

ヒプノセラピスト、池袋豊島区
ヒプノ セラピー 池袋
PR

また日本経済新聞を読み始めました


すでに皆様お気づきではあるでしょうが、日本経済新聞の購読を再開しました。気になった記事、拡散したい情報や記事があればもちろんご紹介しますが、その他にも目的が出来たのです。うちの勉強のため。日本経済新聞を読んで、経済用語を覚えたり、言葉を覚えるために日本経済新聞を読もうと思いつき、再開しました^^。他にも意地が悪い考えではありますが、おかしいでしょ・・・という記事などについても挙げていこうと思いまして。記事の内容と街の様子が伴っていない時とかですね^^。例えば、「個人消費持ち直し」という記事があったとしても、いやいや・・・、街を見て見なよ、ガラガラだよ?とかいうときですね。
新聞やテレビ、インターネットの情報を鵜呑みにするのは危険だということです。完全なステルスマーケティングの時もありますしね。炎上商法などもはびこっていますし。そのような事にも注意しながら情報収集していかなくてはならないのです。

ヒプノセラピーサービス、東京都内
貴方が抱える問題の克服

感染を通知してくれるそうです


2014年7月19日の日本経済新聞の朝刊にコレはありがたい☆という記事が載っていました。“不正送金ウイルス 端末利用者に感染を通知”という見出しの記事です。記事によりますと、該当するウイルスの名称は、以前も記事に書きました「GameOver Zeus」。FBI(米連邦捜査局)など日米欧の12か国の捜査当局が連携し、世界に推計100万台ある幹線端末を割り出していたそうです。日本の感染端末数・・・約15万5千件。多いな・・・。米国から提供されたこの情報を基に、各プロバイダーは利用者に対してメールでウイルスの駆除を呼び掛けるという手はずなのだそうです。
警察庁が発表したのは18日。インターネットバンキングの不正送金にかかわるウイルスに感染したコンピュータの利用者に対し、プロバイダーを介して通知を始めるとのこと。まだ通知が来ていないから大丈夫なのか、これから対象者に随時通知が来るのかな?。そういや数か月インターネットバンキング利用していない。

池袋店、催眠療法カウンセリング
池袋 カウンセリング

カテゴリー

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア